復興大学

文字の大きさ

復興大学への期待

宮城県知事 村井 嘉浩

宮城県知事
村井 嘉浩

ふるさと宮城から復興のリーダーを

 学都仙台コンソーシアムによる復興大学には、東日本大震災直後から今日に至るまで、我が県の復興に多大なる貢献をいただいており、関係者の皆様の御尽力に改めて感謝申し上げます。
 震災からの時間の経過とともに被災地の状況も変化しており、様々な課題に向き合いながら復興を牽引する人材の育成が重要となっています。復興大学が今後とも、これまで培ってきた知見を活かし、復興の中心的役割を担う人材を育成することを強く期待しているところであります。
 また、各地で大規模災害が発生する中、復興を担う人材の育成は、本県の復興はもとより、これまで国内外からいただいた御支援への恩返しという面からも、東日本大震災の被災地としての重要な責務であると考えております。
 今後とも、復興大学の活動がより充実したものとなるとともに、これまで以上に、復興をリードする人材の育成に寄与されますことを願っております。

仙台市長 郡 和子

仙台市長
郡 和子

学都ネットワークを活かして経験を未来へつなぐ

 復興大学におかれましては、震災直後より、人材育成・教育復興支援・企業支援・ボランティア支援の4事業を柱に、幅広い分野で被災地の復興の原動力として活躍されてこられました。
 近年では、市民向け講座や県外でのセミナー開催、ボランティア活動を通じた全国の大学との連携・学生間の交流促進等、震災の経験や培ったノウハウを広く発信していく取り組みも積極的に進められております。学都仙台の知の力とネットワークを活かしたこのような取り組みは、本市はもちろんのこと、いつどこで起こるか分からない災害への大きな備えになっていると感じております。
 本市におきましては、5年間の震災復興計画期間を終えて以降も、平成29年4月には荒浜小学校を震災遺構として公開し、多くの方に津波の被害の大きさ等を実感していただいているほか、「国連防災世界会議」や「世界防災フォーラム」の開催により、日本のみならず、世界に向けて未来を見据えた本市の防災の取り組みを継続的に発信しているところです。
 復興は、再生から発展へ向けて新たな段階に進もうとしています。今後も、震災の経験を風化させることのないよう、震災から得た教訓や知見を未来への糧として、共に発信してまいりましょう。

back to top