復興大学

文字の大きさ

復興人材育成教育

活動報告

県民講座(講座22)

日時
9月29日 14:45~15:45
科目
復興の社会学
担当講師
東北工業大学 名誉教授 稲村 肇 先生

県民講座(講座22)

 「旧牡鹿町の復興の現状と将来」というテーマの講義でした。
 牡鹿半島の各浜では、1995年から2015年の20年間で人口が半分から3分の1になり、大きな社会・人口移動が生じました。浜によって復興の進行状況が異なる中でも、小渕浜と給分浜では他地域に見られない復興が進んでいます。その要因としては、自主的な動きが盛んな風潮があることや、生業である漁業の再開を上手く果たしたことが挙げられます。国の復興支援事業も上手く機能し養殖漁業は特に良く復興しているとのことでした。
 授業の最後には、受講生からの質問もあり、支援事業の予算の性質など問題はないのかなどの議論がなされました。

back to top